勉強会-1

2010.03.29

3月27日(土)に、以前から告知していました

勉強会の第1回目を行いました。


3名の参加者を交え、

わたしたちのこれまで仕事の紹介、

工務店やハウスメーカーではなく、

設計事務所で住宅を建てるメリット、

わたしたちが設計監理を行った1500万円台を例に、

わたしたちの住宅に対する考え方、

1500万円台でどのような住宅を建てることができるのか

を紹介しました。


勉強会と聞いて難しく思われていたようですが、

分かりやすく、参考になりますという感想を頂き、

勉強会を終える頃には、

開催した意図を理解して頂くことができたと思います。


今後も勉強会を予定していますので、

興味のある方は是非応募してください。

http://www.harakoji.com/blog/2010/06/30/post_25.html

Permalink

↑Page Top


Qooka-5

2010.03.26


 
 外構工事が終了したところで、
 
 
 
出雲市に完了検査をお願いしました。
 
 
確認申請では
 
図面上で申請する建物が
 
関係する法令に則っているかをチェックし、
 
完了検査では
 
図面通りに工事されているかを検査します。
 
検査も無事終了し、
 
お施主様に引渡しとなりました。
 
今後はオープンに向けての準備期間になります。
 

 
オープン情報、写真撮影につきましては、
 
八重垣写真館様のホームページをご注目ください。
 
 
 
お施主様、工事関係者の皆様、お疲れ様でした。
 
今後ともよろしくお願い致します。
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
当社での勉強会もひきつづき参加者大募集中です。

Permalink

↑Page Top


比津の家-3

2010.03.20

 少し更新の間が空いてしまいましたが(申し訳ありません)、

比津の家-現場では無事に基礎のコンクリート打設が終了し、

養生期間を経て、建て方へ、と順調に工期を消化しています。 

 

 

 

また現場以外では、軸組部材のプレカット事前打ち合わせを繰り返してきました。

 

 

 

 

 

 

そして3/16に無事、上棟を迎える事ができました。

お施主様、おめでとうございます!

そして工事業者の皆様ありがとうございました!

 

 

 西日が神々しく輝く中での上棟式は、とても素敵な体験でした。

お施主様、工事関係者の皆様、今後ともよろしくお願い致します!

 

 

 

 

 

 骨格が出来上がった状態で、今回の住宅の特徴も姿を現しはじめ、

空間体験として確認出来るようになってきました。

現段階でもちょっと頑張れば、足場階段や梯子など利用しなくとも

地面から最上フロアまで上がっていけてしまうのです。

 

 

 

 れから壁ができるにつれて、よりはっきり確認出来ると思いますので、

その都度、空間構成についてもお話し出来ればと思っています。 

 

Permalink

↑Page Top


高岡の家-5

2010.03.19

3/18 建て方が始まりました。

 

天候はぐずぐずで、翌日の棟上げが心配でしたが・・・・

 

 

 

3/19 晴れました!

青空の下、棟上が無事終了しました。

大工さん6人、レッカー台で2日かけて立ち上げて頂きました。

工事関係者の皆様、ありがとうございました。

 

施主様のご長男。俵を背中に背負って2階へ登りました。

下からいい子に見守るご長女。

小さい頃私は、『お兄ちゃんだけ登れてズルい!』とごねていました。

棟上げの儀。2階で棟梁が祝詩(のりと)を読み上げます。 

 

前面道路からのプロポーション。

 

棟上げは、お施主様にとっても初めて建物のボリュームや空間の感覚が掴める時だと思います。

計画段階から模型や図面で検討を重ねますが、 

実際はその場所に建って初めて認識できる事が大きいです。

 

お施主様はもちろん、工事業者様や私たちにとっても満足のいく建物を造るべく、

これからも気を引き締めて監理を勤めさせて頂きます。 

 

 

 

Permalink

↑Page Top


高岡の家-4

2010.03.15

雪も溶け、ようやく晴れ間がみえました。

高岡の家は基礎工事完了でございます。

 

まずは配筋。瑕疵担保保険 設計施工基準のべた基礎配筋表に基づいて設計しています。

基礎立ち上りが作れないところはスラブ下に地中梁形状の鉄筋を組み、力を伝達させます。

 

基礎底版・立ち上りの順にコンクリート打設・・・

  養生期間を経て型枠解体。

 

 基礎全体があらわれました。

引き続き、1週間後の上棟に向けて工事は進行します。 

 

 

Permalink

↑Page Top


Qooka-4

2010.03.10

 

 悪天候により遅れていた外部の仕上工事が完了しました。

 

 スタディを繰り返した外壁は、

 

写真が小さ過ぎてわかりづらいですが、

 

幅、厚みの異なる杉板が規則性をもって張ってあります。

 

家族写真を中心に撮影するスタジオとしたいという

 

お施主様の要望を反映した家型の形態と、外壁により

 

古い街並みに溶け込ながらも、

 

強い個性を持った建物となりました。

 

 

残す工事も外構工事のみとなりました。 

 

関係者の皆様、よろしくお願いします。

Permalink

↑Page Top


Qooka-3

2010.03.02

工事も終盤となり、
 
次の工事のために内部のクリーニングが行われました。
 
 
今後ストロボ工事が行われ、
 
白い空間がスタジオとして機能しはじめます。
 
 

 
対照的に、2階のスタジオは
 
鉄、墨モルタルといった質感のある素材を用いました。
 
スタジオ以外の場所でも撮影が行えるように建物全体を計画しました。
 

Permalink

↑Page Top